歌舞伎町インカジで摘発続出!?お客さんも逮捕される可能性高い!

歌舞伎町のインカジ画像

歌舞伎町のインカジで摘発されるケースが相次いでいます。

高レートのギャンブルで一発当てたい気持ちはわかりますが、インカジはリスクがでかすぎますね。

カジ子

歌舞伎町はインカジがいっぱいあるみたい。

スロットには自信があるから裏スロで稼いでみたいわ。

おいおい、インカジは犯罪だからやめとけ!

捕まると店員だけじゃなく客も逮捕される可能性が高いよ。

カジ男

インカジが摘発されると店員だけでなく客も逮捕されます。

客が逮捕されても起訴されることは少ないですが、違法ギャンブルしていることは周りにバレたくないですよね。

会社員なら下手するとクビになる可能性が高いです。

わざわざリスクの高いインカジで遊ばなくても、オンカジなら違法性なく遊ぶことができますよ。

 

今回はインカジで遊ぶことのリスクや、実際に歌舞伎町であった摘発事例を紹介します。

最後に僕が1撃400万円勝ったオンカジサイトも教えるので参考にしてくださいね。

 

インカジで逮捕されるとどうなるの?

インカジで逮捕された男性画像

インカジは店内の中でお金のやり取りが発生するため、賭博罪が適用されます。

店員はもちろん、客であるあなたも逮捕されて事情徴収されるでしょう。

 

インカジで逮捕されたときは↓の罰則が適用されます。

(賭 博)
第百八十五条  賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第百八十六条 常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
引用:e-Gov

罰則として50万円以下の罰金、常習と判断されると3年以下の懲役ですね。

最悪の場合は起訴されてそのまま刑務所にぶち込まれかねません。

 

起訴されないにしても、リスクがあることには違いありません。

自分の身に危険がある場所にわざわざ行く必要はないですよ。

 

インカジは違法、でもオンカジに違法性はない

インカジは完全に違法ギャンブルですが、オンカジに違法性はありません。

なぜなら、オンラインカジノはギャンブルが合法な海外で運営されているからです。

お金のやりとりも、オンラインカジノのサイト内で行われます。

 

日本の賭博罪はギャンブルを開く胴元とプレイヤーの両方が国内にいるときに適用されます。

そのため、海外で運営されているオンラインカジノは適用外と考えることができるんですね。

 

現に「オンラインカジノに違法性はない」と公言する弁護士もいます。

逮捕される可能性が高いインカジで遊ぶよりも、違法性のないオンカジで遊んだほうがよっぽど賢いですよ。

 

歌舞伎町のインカジは紹介でしか入れない

インカジは、摘発を防止するため看板や宣伝は一切していません。

現状はキャッチや常連客の紹介じゃないと入ることは難しいでしょうね。

 

インカジ店はマンションの一室だったり、インターネットカフェの一部を使っていてひっそりと目立たないように営業しています。

お客さん側も目立たずに入店できるメリットがありますね。

 

入り口は鉄の二重扉になっており、そこで電話確認してから入店します。

全て摘発対策のために行っているのですが、ここまでしてもやはり摘発されることが多いですね。

 

インカジのレートと換金条件は店毎に違う

歌舞伎町インカジのプレイ画面画像

インカジのレートや換金条件には「決まったルール」はありません。

店ごとに決められた独自ルールがあります。

例えば「最低20~30万円プレイが必須」や「バカラは1ベット5,000円以上」などですね。

 

負けサビの計算ミス?

大抵どこのインカジでも行っているサービスは「負けサビ」ですね。

負けた金額の一定割合をチップとして払い戻してくれるサービスのことです。

負けサビは負けた金額の1割が相場ですが、インカジによって集計方法がまちまちです。

 

例えば、負けサビが1割のインカジで、20万円負けたのに1万円分の負けサビしか貰えなかった、という声も良く聞きます。

実際に負けた金額より低い金額を基準にして計算される事も少なくありません。

 

インカジでイカサマや遠隔していない?

インカジでイカサマしている可能性は高いでしょうね。

でも、もともと違法ギャンブルですし、システムを監視する第三者機関があるわけでもありません。

イカサマしたからといって、誰かに怒られる訳ではありませんからねw

ただし、たまにはお客さんを勝たせないと客離れが起きるので、バランスはとっているはずです。

つまり、店側に勝ちも負けもコントロールされているクソゲーみたいなものですね。

 

歌舞伎町インカジ店の摘発事例

歌舞伎町インカジを摘発する画像

歌舞伎町のインカジは頻繁に摘発事例を紹介します。

インカジが摘発される時間帯は夕方以降が多いですね。

会社帰りにインカジで遊んでいると、逮捕されて家に帰れないかもしれませんよ。

2018.11.29
東京・歌舞伎町でタブレット端末を使ったデジタルバカラ台で客に賭博をさせたとして、警視庁組織犯罪対策4課は29日、賭博開帳図利の疑いで、店の経営者でゲーム機製造会社社長、嵯峨隆由容疑者(43)=東京都新宿区北新宿=を逮捕した。
引用:https://www.sankei.com/affairs/news/181129/afr1811290020-n1.html

2018.6.22
東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビルで客にバカラ賭博や、違法なパチスロ機による賭博をさせたとして、警視庁組織犯罪対策4課は、賭博開帳図利などの疑いで、バカラ賭博店「フラワー」責任者の阿佐美(あざみ)利光容疑者(49)=住所不定=と、違法パチスロ店「クランキー」責任者の大畑亮二容疑者(31)=同=ら、30代~50代の男15人を現行犯逮捕した。
 両店はビルの2階で隣接しており、鉄扉を設けてそれぞれの店に出入りできるようになっていた。摘発をまぬがれるため、客を携帯電話の番号で管理し、店舗の外側に見張り役を配置するなどしていたという。
引用:https://www.sankei.com/affairs/news/180622/afr1806220010-n1.html

 2018.4.13
警視庁保安課は12日、賭博開帳図利容疑で東京都歌舞伎町1丁目のカジノ店「ペアペア」と、常習賭博容疑で同じビルに入るパチスロ店「ソーキソバ」のそれぞれの自称経営者2人と従業員2人を現行犯逮捕した。
 自称経営者はペアペアの坂本政彦(59)=新宿区=、ソーキソバの笈田悟(45)=新宿区=両容疑者。賭博容疑で客の20~30代の男女5人も現行犯逮捕した。2店は共通のカメラで客の出入りを確認しており、保安課は系列店とみている。
引用:https://www.sanspo.com/geino/news/20180413/tro18041312560010-n1.html

紹介した事例では携帯電話の番号で客を管理していますが、当然警察は名簿を押収しています。

携帯電話の番号から個人を特定するのは容易なので、過去にインカジで遊んでいた人も事情聴取を受ける可能性もでてきますね。

面倒なトラブルに巻き込まれないためにも、インカジには近づかないほうが良いですよ。

 

チンコロでインカジが摘発される可能性が高い

インカジのチンコロする男性の画像

インカジ摘発の有力な情報元としてタレコミがあります。

要するにインカジで負けたお客が腹いせに通報するのです。

俗にチンコロと呼ばれる行為ですね。

 

書き込みサイトにも、警察に通報した人の書き込みが載っています。

9 :三連単7-4-3:2018/06/10(日) 07:13:06.08 ID:Wn7M3cFl.net
池袋のニュートン、チンコロしました。
10 :三連単7-4-3:2018/06/10(日) 11:42:55.65 ID:YYlJi4V1.net
ニュートンの系列の新宿エジソン、チンコロしました
毎日チンコロします
引用:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/gamble/1528182849/

↑の書き込みの真偽は不明ですが、世の中にはチンコロする人っていますからね。

そういった情報を元に摘発される可能性が高いのはいうまでありません。

オンラインカジノに違法性はないの?

国内の実店舗で行うインカジと違い、オンラインカジノは合法だと証明されています

2017年にオンラインカジノをプレイしていた日本人が逮捕された事件がありましたが、裁判で無罪判決を勝ち取っているからです。

津田弁護士プロフィール

引用元:コールグリーン法律事務所

津田弁護士は賭博罪に精通しており、無罪判決を勝ち取った第一人者です。本を出版したり、メディアに出ていたりと界隈ではとても有名なすごい人です。

オンラインカジノはギャンブルが合法な国でのサービスであり、国の正式なライセンスを持って運営しています。

日本の賭博罪は、ギャンブルの場を開く胴元とプレイヤーの両方が国内にいるときに適用されます。

そのため、海外で運営されているオンラインカジノは適用外と解釈できます。

 

日本の法律は一度判例が出ると、逆の判例は出しにくくなるって知っていますか?

裁判長が、特殊な事例を出してしまったら世の中からバッシングを浴び、職を失う可能性まであるので無難な判決を出してしまいがちなんです。

痴漢の冤罪がなくならないのはまさにこの理由ですね。

つまり、津田弁護士が無罪を勝ち取った事例がある以上、今後も津田弁護士にお願いすればかなり高い確率で無罪になるでしょう。

と言っても、そもそも最近オンラインカジノの人口がめちゃくちゃ増えてるので、パチンコや麻雀のように数が多すぎて手を付けれない状態になってきてますが。笑

オンラインカジノに違法性はありませんので、安心してプレイしてください。

オンラインカジノも現金で遊べる

大量のお金の画像

オンラインカジノもクレカ等がなくてもインカジ同様に現金で遊べます

インカジに行ったことがある人ならわかると思いますが、インカジで遊ぶ客のほとんどって夜職(キャバクラ、ホスト、風俗嬢、バーテン、オカマバー等)の人達がかなり多い。

というか、インカジって基本的に紹介制で普通のサラリーマンがインカジに行こうと思ったら夜職の人達から紹介して貰うパターンが多いですからね。

夜職の人達がインカジに多いのは当たり前なんです。

あまり大きな声では言えませんが、夜職の人達って現金商売なので現金で貰ったお金をインカジに突っ込んでたりするんですよね。

そんな夜職の人でもVプリカを使えば現金で遊べちゃいます

オンラインカジノによってはVプリカNGのサイトもありますが、エンパイアカジノはかなり安定して遊ぶ事が可能。

実際に僕もエンパイアカジノにVプリカから入金出来ることを確認済です。

Vプリカ自体はその辺のローソンに行ったら個人情報不要ですぐに作れちゃうので、Vプリカで安定して遊べるエンパイアカジノに登録だけでもしておいてください。

登録すれば$30(約3000円)がタダで貰えて今すぐ勝負できますよ。

エンパイアカジノトップ画像

 

今だけ登録ボーナス$20!

公式サイトバナー画像$20ボーナスは予告なく終了する場合があります。公式サイトでご確認ください。

 

 

インカジと違ってオンカジは24時間遊べる

24時間営業の画像

インカジって、夜しか開いてないところが多いですよね。

昼間に「今すぐカジノしたい!」って思っても遊べないことが多いのがインカジです。

しかし、オンラインカジノは24時間いつでもスマホで気楽に勝負出来るんです

実際、インカジで遊ぶソフトウェアと同じ物を使っていたりするので、インカジと全く同じ物をスマホで勝負出来ちゃうんですね。

歌舞伎町のインカジで遊ぶのはリスクしか無い!

インカジで遊ぶのはリスクしかないですね。

歌舞伎町のインカジ店が摘発されるケースが増えてきており、お客さんも逮捕される可能性もあります。

仮に逮捕されなくても、名簿を押収されたらあなたの個人情報は警察に把握されますからね。

そもそも、インカジは違法ギャンブルなので、公平なギャンブルを提供していない可能性が高いです。

僕ならそんなリスクだらけのギャンブルに手を出そうなんて思いません。

 

1撃400万円!オンカジはベラジョンがおすすめ!

日本でカジノで遊ぶのであれば、違法性のないオンカジでプレイしたほうが良いですよ。

僕はオンカジ専門でプレイしていますが、信頼できるサイトを選べば勝ちやすいですよ。

 

僕はベラジョンカジノというオンラインカジノでかなり稼がせてもらっています。

ちょっとだけその証拠を見せますね。

400万円勝ち画像

↑ライブバカラで約400万円勝ち

123万円勝ち画像

↑ライブバカラで約120万円勝ち

 

こんな感じで100~200万円くらい勝っています。

ベラジョンカジノは稼いだ金額もちゃんと出金できているので(←ここ本当に重要)、信頼できるオンカジの1つですね。

国際ライセンスを取得しているカジノなので、イカサマや詐欺の心配もありません。

 

さらに毎日誰かが$5,000(約55万円)勝つことを保証する必勝勝利金制度や、1日に2回大当たりがあるデイリージャックポットなど、プレイヤーが勝ちやすい環境があります。

こんな勝ちやすいオンカジは他にはないですよ。

 

リスクばかり大きいインカジなんて、馬鹿らしくてやってられませんw

 

今ならアカウント登録するだけで、$30(約3,000円)ボーナスが貰えてスグにプレイが可能です。

登録は3分かかりませんので、いまスグに登録して勝ちにいきましょう!

ベラジョン登録バナー