インカジはイカサマが当たり前!勝てない理由と摘発事例を紹介!

インカジでイカサマで負け続けの男

インカジで不正行為は当たり前のように行われています。

そもそもインカジは違法なギャンブルですし、勝てない仕組みになっているので遊んでも損するだけです。

イカサマなんて当たり前のようにあります。

だったら最初からインカジを選ばないほうが良いですよ。

カジ子

そもそもインカジってオンカジとどう違うの?

似ているような気がするけど…。

確かに言葉は似ているけど、まったくの別モノ。

そのへんも詳しく解説するよ。

カジ男

 

ちなみに、今一番勝ちやすいギャンブルはオンカジです。

400万円勝ち画像

↑は一撃400万円勝ち、僕はこんな感じで稼げています。

オンカジは勝ち方パターンさえ見つければ、どのギャンブルよりも勝ちやすいですよ。

 

今回は、インカジがいかに勝てないギャンブルなのかという説明と、インカジが摘発された事例などを紹介します。

ハッキリいってインカジで遊ぶことはリスクでしかありません。

この記事を読めば今すぐインカジを辞めるべきだということに気づけるはずですよ。

 

インカジとは?オンカジや裏カジノとの違い

インカジとオンカジは同じものではありません。

似たような言葉なので混同しがちですが、実はまったく意味が違います。

  • インカジ(違法)
  • 裏カジノ(違法)
  • オンカジ(違法ではない)

それぞれについて説明しますね。

インカジ(違法)

インカジはインターネットカフェを装った違法賭博店です。

お店の表示は単なるインターネットカフェのように見えるのですが、入ってみたらインカジだったという場合もあります。

ディーラーと直接向き合う訳ではなく、パソコンで行うためゲーム感覚で店に入りやすいです。

その場で客と店側で金銭の取引が行われているため、法律的に違反となる店ですね。

 

裏カジノ(違法)

店舗内でスロットマシンやバカラ卓などを客にプレイさせる違法カジノのことです。

闇カジノと言われることもあります。

インカジとの違いは、ザックリいうとディーラーがいるかどうかですね。

日本国内では賭博法に違反するため、プレイヤーも現行犯なら捕まってしまいます。

 

オンラインカジノ(違法ではない)

海外の政府に許可されたライセンスを取得し、日本国内でも安全に遊べるカジノです。

日本の賭博法はオンカジに関する明確な取締りがないため、違法にはならないのです。

オンカジは海外運営ですが、日本語サポートやネット上で入出金を管理できるのでいつでもプレイ可能できます。

 

ちなみに僕が稼がせて貰っているのが、このオンカジです。

インカジや裏カジノでリスク背負って勝負するなんて馬鹿げています。

安全にプレイできるオンカジなら違法性がないため安心してプレイできますよ。

簡単にいうとお店が絡むと違法になる。

オンカジは1人で楽しむ分には違法性は無いから安全だよ。

カジ男

 

インカジはイカサマや詐欺は当たり前!

インカジでイカサマに合った男

インカジはそもそも違法カジノです。

そのため↓のようにプレイヤーが損する仕組みしかありません。

  • 店側にゲームを操作されている
  • 賞金の未払い

それぞれ詳しくお話しますね。

店側にゲームを操作されている

そもそもインカジで遊ぶには↓のようなやり取りがあります。

  1. 店員にお金を渡す(例えば5万円)
  2. 店員がメインPCで何やら操作する
  3. 自分がプレイするPC画面に金額(5万円)が表示される
  4. 好きなゲームをプレイする

 

これってメッチャ怖くないですか?w

全て店側にコントロールされている可能性が高いですよ。

現にどれだけゲームを重ねても勝てない、エラーになって操作できなくなるなどは当たり前のように起こります。

 

たとえイカサマを見抜いて抗議したところで、もともと違法カジノですからね。

クレームに受け付けてくれる可能性はかなり低いですし、怖いオジサンが出てくる可能性も高いわけです。

そうなったら泣き寝入りするしかありません。

 

その点オンカジは国際的なライセンスを発行されて、監視されながら運営しているためイカサマを行うことはできません。

もし、イカサマがバレたら営業停止になるため、そんなリスクを負ってまで行うことではないんですね。

イカサマやり放題のインカジよりも、オンカジのほうがイカサマの心配がないので安心してプレイできるってことです。

 

賞金の未払い

インカジの場合、勝っても何かしらの理由をつけて賞金を受け取れないことがあります。

お店側も出来る限りお金を出したくないですからね。

それに違法カジノのため別にルールを破ったって問題ないわけです。

文句をいったとしてもインカジはほとんどヤクザが絡んでいるので、そんなの相手に正論は通じません。

てか、下手に逆らったら半殺しになる可能性もあるので、またもや泣き寝入りすることになります。

 

オンカジはほとんどの場合、勝った金額はキチンを記録され支払われます。

引き出す金額が大きい場合は、分割での支払いや時間がかかってしまうこともありますけどね。

そもそもオンカジは企業として運営しているため、インカジとは資金力が違います。

ギャンブルで勝った分をちゃんと受け取ることができるか?という意味でも、インカジよりもオンカジの方が安心感がありますね。

 

インカジで心配すべきことはイカサマだけではありません。

さらに他にも気をつけなければいけないポイントは、個人情報の取扱です。

インカジは勝ってもお金が支払われるかわからない。

そんな不確定なギャンブルやりたくないよね。

カジ男

 

インカジで個人情報は保護されない

インカジで情報流出された書類

インカジは入店する際に身分証の提示が必要ですが、個人情報を保護していません。

もともと日本の法律を守って運営されているわけではないので、当たり前の話ですね。

身分証明書を提示したり名前や住所を登録してしまうとかなり面倒です。

そういった個人情報を欲しがる業者は沢山いますからね。

 

自分の知らないところでどんどん広まっていく可能性は高いでしょう。

つまり、思わぬ犯罪や事件に使われる可能性が高まります。

違法カジノに個人情報を教えるなんて、かなり馬鹿げた行為だと思いませんか?

 

オンカジであれば個人情報に関する規約が定められています。

そのため名前や住所などの個人情報を登録してもそれが他のことに悪用される心配はありません。

インカジで個人情報は渡してはいけないよ。

どんな扱い方をされるかわからないから注意が必要。

カジ男

 

インカジで捕まったときの罪と摘発事例

インカジで遊ぶ悪い男

日本の法律では、インカジや裏カジノでプレイした人に課せられる罰として↓のように定められています。

MEMO
インカジや裏カジノに関する法律

刑法185条 単純賭博罪
-賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。

刑法186条1項 常習賭博罪
-常習として賭博をした者は三年以下の懲役に処する。

プレイヤーに適用されるのは主に「単純賭博罪」ですね。

実際に摘発された事例では、店の経営者は常習賭博罪、店でギャンブルをしていた客は単純賭博罪になっていました。

経営者だけでなく客も罪に問われますので、注意してください。

 

店員とプレイヤーが摘発された事例

インカジの実際にあった摘発事例を2つ紹介します。

摘発事例はもっと沢山あるので、国内でインカジを行うことはリスクでしかありません。

 

東京都江戸川区の違法カジノ店

2019年1月13日、違法カジノ店「フォース」の経営者や客など合計8名が逮捕。

店内のパソコンから海外のカジノサイトに接続し、24時間年中無休で客と賭博行為をおこなった結果、売上はおよそ10億円まで達していました。

この売上は暴力団の資金源になっていたようです。

 

大阪市浪速区の違法カジノ店

2018年2月18日、大阪市浪速区のインターネットカジノ店「AZUL」で、経営者や店の関係者3人と客の男女4人の合わせて7人が逮捕。

24時間年中無休で営業し、客にインターネット上のスロットやバカラなどの賭博をさせていました。

1年余りで総額約2億5千万円を売り上げていたようです。

店の看板は「輸入雑貨店」と書かれ、店の中や外には監視カメラを設置し、客の出入りや警察の動きなどを監視していたそうです。

 

この2つの事例の通り、店側だけでなく客も問答無用で逮捕されます。

逮捕された経歴って記憶に残りやすいので、常に回りの人から後ろ指を刺されながら生きていかなくてはいけません。

しかも、インカジなんて勝てる可能性メチャクチャ低いですしねw

正直、リスクを負ってまでインカジで遊ぶメリットなんか無いですよ。

勝てる可能性よりも捕まる可能性が高いw

そこまでリスクを負うメリットはないよね。

カジ男

 

インカジで勝ってもタタキに合う可能性も…!

インカジで勝った人を襲う男

インカジで大勝ちすると、いわゆる「タタキ」に合う可能性があります。

タタキとは、大勝ちした客を襲って金を奪うことですね。

 

グループでタタキを行うこともあり、しかも店員がグルになってやっていることもあります。

インカジはお金に困っている人も集まるので、タタキでお金を奪う考えを持つ人がいることは珍しいことではありません。

タタキに合った人も、違法ギャンブルで稼いだお金なので警察にいえないので表沙汰になりづらいです。

しかも、大金を稼ぐほどにタタキに合う可能性は高くなります。

 

僕はギャンブルは好きですが、こうやって襲われるリスクを負うのは絶対にイヤですね。

だったら、安全にプレイできるオンカジでプレイすることを選びます。

タタキは漫画の題材にもなるくらい。

勝ってもリスクあるなんてやってられないわw

カジ男

 

インカジをやるメリット無し!やるならオンカジやっとけ

インカジで遊ぶメリットはありません。

イカサマが当たり前のように行われているため、勝てるギャンブルではないです。

個人情報もだだ漏れで何一ついいことありません。

勝てる可能性よりも捕まる可能性の方が高いくらいですね。

 

賢い人は余計なリスクを排除して、もっと安全なギャンブルで勝負しています。

今はオンカジが最も手堅く稼げるギャンブルでしょうね。

僕もかなり儲かっていますw

200万円勝ち画像

↑は一撃200万円勝ったときの画像。

130万円勝ち画像

↑は130万円勝ったときの画像。

 

だいたいこんな感じで稼いでいます。

オンカジは、インカジのようにイカサマはありませんので運と実力のみの勝負です。

得意なゲームと勝ちパターンさえ掴んでしまえば、かなり勝ちやすいですよ。

 

でも、どのオンカジサイトでも良いってわけではないです。

オンカジサイトで海外運営ですし、信頼できるところを選ばないと「出金できない」なんてことになりかねません。

そのため、安心してプレイできるオンカジを選ぶ必要があります。

 

僕が最もオススメするのはベラジョンです。

ベラジョンは信頼できるライセンスを取得していますし、日本人から最も人気があります。

日本語サポートや必勝勝利金制度もあるため、プレイヤーが勝ちやすい環境も整っているのが特徴ですね。

 

今ならアカウント登録するだけで、$30(約3,000円)ボーナスが貰えてスグにプレイが可能です。

登録も3分かかりませんので、サクッと登録して一発逆転を狙っちゃいましょう!

ベラジョン登録バナー