ビットコインの脱税方法とは?オンラインカジノを使った手口を暴露

ビットコイン脱税オンラインカジノ

ビットコインは多くの富裕層を作り出しました。

しかし、億り人になった人などは、あの手この手で色んな抜け道を探していることが多いですね。

カジ子

ビットコインで爆益がでちゃった人は色んな抜け道を考えそうだよね。でも、実際に脱税ってできるの?
ネットで徹底的に調べたら、いくつか方法が出てきたよw その中でも現実味のあった手法を紹介するね。

カジ男

今回はオンラインカジノを使ったビットコインの脱税方法を暴露します。

せっかく知り得た情報なので備忘録的に記事にしますが、違法行為なので絶対にマネをしないようにしてください。

 

前提知識|税務署は海外口座を調査できない

脱税を取り締まる税務署

税務署が調査できる対象は国内の銀行口座のみといわれています。

海外で運営されているEウォレットやオンラインカジノ内のお金の動きは調査できません。

Eウォレットとは?
ecoPayzやiWALLET、VenusPointなどのネット上に持てる財布のこと。オンラインカジノで使うEウォレットは海外で運用されている。

つまり、日本の銀行口座を経由しなければ税務署の目をかわすことができそうです。

カジ子

税務署が国内の銀行口座しか調査できないから、そこを避ければ良いってことね。でも、そんな方法ってあるの?
iWALLETやSticPayを使った方法がネット上にあったから紹介するね。

カジ男

 

ビットコイン脱税手順

脱税が多いビットコイン

ビットコイン脱税方法として現実味のある手法は↓です。

  1. 仮想通貨取引所→オンラインカジノに入金
  2. 必要分プレイしてからEウォレットに出金
  3. Eウォレットカードで現金出金orショッピングして現金化

手順ごとに解説しますね。

 

仮想通貨取引所→オンラインカジノに入金

仮想通貨取引所からオンラインカジノに仮想通貨で入金します。

オンラインカジノはどこでも良い訳ではなく、「ボンズカジノ」が良いです。

 

ボンズカジノを選ぶ理由は、↓の2つの条件が揃っているからですね。

  1. 仮想通貨決済に対応していること
  2. 異種間入出金ができること

重要なのは「異種間入出金ができること」です。

 

他のオンラインカジノの場合は、入金と出金と同じ方法で合わせる必要があります。

たとえば、ビットコインで入金したらビットコインで出金しなければいけないといったルールですね。

 

しかし、ボンズカジノは異種間入出金が可能です。

ビットコインで入金して、iWALLETに出金することができます。

 

今回の解説している脱税方法はビットコインをEウォレットに出金する方法です。

そのため、異種間入出金できるボンズカジノである必要があります。

 

必要分プレイしてからEウォレットに出金

オンラインカジノに入金した分は賭け条件をクリアすることで出金できます。

一般的なオンラインカジノは、現金の賭け条件は1倍です。

たとえば、$100入金したら、$100分プレイをすれば出金できるようになります。

 

しかし、今回紹介しているボンズカジノの現金の賭け条件は1~3倍です。

  • スロットのみ:賭け条件1倍
  • スロット以外のゲーム:賭け条件3倍

スロット以外のゲームでプレイする場合は賭け条件3倍です。

たとえば、$100入金したら$300分プレイしなければ出金できません。

賭け条件が1倍で済むスロットのみでクリアするのが得策ですね。

 

ちなみに、一度でもスロット以外のゲームでプレイしてしまうと賭け条件3倍になるので注意してください。

 

賭け条件をクリアしたらEウォレットに出金できます。

 

Eウォレットカードで現金出金orショッピングして現金化

オンラインカジノからEウォレットへ出金します。

  • ecoPayz
  • iWALLET
  • SticPay
  • VenusPoint

上記がオンラインカジノで良く使われているEウォレットですが、iWALLETとSticPayのどちらかが良いです。

両方ともカード発行ができ、カードから現金を出金できます。

 

たとえば、iWALLETのユニオンペイカードなら、国内ATMから出金できます。

しかし、国内ATMでの出金は記録が残る可能性もあるので、慎重にいくなら海外のATMで出金するのが良い、と紹介されていました。

ちなみに、カードで換金性の高い商品を購入して、現金化する方法もあるそうです。

 

難易度高!日本の非居住者になる方法も

別の方法として、所得税の安い国に移住する方法もあります。

日本の最高税率は55%ですが、シンガポールの所得税は3.75%~21%です。

他にも税金が安いもしくは無い国はいくつもあるので、億単位のお金があるなら低税率の国に移住するのも悪くはありません。

ただ、難易度が高いため実行できる方は一握りでしょうねw

 

流れは大まかに3ステップです。

  1. 日本の非居住者になる
  2. 移住先で銀行口座を作る
  3. 移住先で税金を支払う

ちなみに国税庁は国内の居住者を↓のように定義しています。

我が国の所得税法では、「居住者」とは、国内に「住所」を有し、又は、現在まで引き続き1年以上「居所」を有する個人をいい、「居住者」以外の個人を「非居住者」と規定しています。
引用:国税庁

つまり、住所または1年以上居所を有していない状態のことです。

 

移住先の国の税制や銀行口座開設のための勉強も必要になるため、なかなかハードルが高い方法といえます。

ただ、ビットコインの利益を合法的に処理したいなら、取り組んでみても良い方法でしょう。

 

ビットコインの脱税は違法!絶対にマネするな

オンラインカジノを使った脱税方法は現実味のある手法だと感じましたし、実際にやっている人もいますw

ただ、脱税は違法なので「こんな方法もあるんだ」と好奇心を満たす程度にしてください。

 

ちなみに、本文中で紹介したボンズカジノの異種間入出金はかなり便利です。

1度だけ入金履歴を作れば、入金方法と出金方法が違っていても問題ありません。

色んなEウォレットに散らばった資金を、1つのEウォレットにまとめる際にも活躍します。

 

ただ、今後規約変更があって異種間入出金ができなくなる可能性もあります。

もし、この機能を使う予定があるなら早めに使っておくのが良いですよ。

異種間入出金OK!

公式サイトバナー画像※初回$2,000ボーナスは予告なく終了する場合があります。公式サイトでご確認ください。

この記事を書いた人
カジ男
ギャンブラー

オンラインカジノ歴7年以上。

パチンコ・競馬等ギャンブル全般が好き。

ライブバカラで1撃100万円以上の勝ちを何度か経験有。

「還元率が低い&1撃の夢もない」日本のギャンブルに嫌気がさし、オンラインカジノばかりプレイ中。

オンラインカジノは還元率95%と高く、1撃で億を稼げる夢もある素晴らしいギャンブルですが、微妙なサイトが存在するのも事実。

悪質サイトにたくさん引っかかった経験から、自信を持ってオススメ出来る優良サイトを紹介しています。

 運営者情報・お問い合わせ