オンラインカジノの脱税がバレる可能性は?実態を徹底調査した結果w

確定申告でオンラインカジノの脱税している画像

「オンラインカジノで稼いだ金って脱税したらバレんのかな?」という考えは誰もが思いつきますよね。

僕がオンラインカジノで遊び始めた最初のころは、まったく納税の意識なんてありませんでしたw

でも、最近は税務署がネット上の監視を強めているという噂も聞きます。

税金に関する知識はある程度持っておいて、後から後悔しないようにしておきましょう。

カジ子

オンカジで稼いだお金って脱税してもバレない感じがするんだけど。

実際のところはどうなのかな?

オンラインカジノの場合はちょっと特殊なんだよね。

もちろん脱税はダメなんだけど実情を含めて解説するよ。

カジ男

最初に伝えておきますが、脱税はしてはいけません。

シッカリと納税しておいたほうが、税務署にビクつくこともないですからねw

 

ただ、ギャンブルの税金のルールってかなり厳しい内容になっています。

そのため、納税する側も色々と対策を考えている方が多いですね。

 

今回はオンラインカジノの納税の現状と、税金の計算方法について詳しく解説しますので参考にしてください。

本題の前に!ベラジョンの勝ち自慢をみて!w

本題に入る前に、僕が勝ったときの証拠画像を自慢させてくださいw

50万円勝ち画像

約50万円勝ち

130万円勝ち画像

約140万円勝ち

ベラジョンカジノ残高

↑残高約110万円

ecopayz40万円出金

↑ecoPayzの出金画面

SBI40万円着金

↑銀行の着金画面

ベラジョンカジノは当サイト一押しのオンラインカジノです。

僕は57サイト以上のオンラインカジノを見てきましたが、"オンラインカジノ界の王様"と言われるぐらい大御所で、安心出来るサイトはベラジョンカジノ以外にありません

ギャンブルなので、当然勝つ時もあれば負けるときもあります。

しかし、画像にあるように僕は実際に勝って出金しています。

ベラジョンカジノには夢もあります。

ベラジョンカジノ4億円ジャックポット

↑ベラジョンにあるスロット「Joker Millions Mobile」で100円賭けた人が4億円当てています

100円が4億円にバケるんです。夢があると思いませんか?

宝くじ、パチンコ、競馬なんかとは比べ物にならないくらい、夢と還元率の高さがあるベラジョンカジノ。

まずは無料で$30(約3000円)を受け取って勝負してみませんか?

今だけ$30ボーナス!

公式サイトバナー画像$30ボーナスは予告なく終了する場合があります。公式サイトでご確認ください。

現状オンカジの脱税はバレる可能性は低いのか?

結論からいうと、少額の勝ちなら現状はオンラインカジノで脱税してもバレづらい状況だといえます。

ただし、あくまで現状の話なので今後はどうなるかわかりませんけどね。

 

実際にオンラインカジノで稼いでいる人が行っている納税方法について、周りから聞いた話をお伝えしますね。

脱税を勧めているわけではないですからねw

参考程度に覚えといてください。

カジ男

 

そもそもギャンブルで課税されるタイミングとは?

日本の法律上、ギャンブルで課税されるタイミングは勝負に勝ったときです。

例えば↓のようなときですね。

400万円勝ち画像

「よっしゃバカラで40万円勝ち!」と叫ぶと同時に税金が発生しているわけです。

 

ただし、これはあくまで法律上の解釈となります。

ゲーム1回毎の勝利金を全て計算して納税している方はかなり少数でしょうね。

パチンコや競馬との違いは取引履歴が残る

パチンコや競馬って、その場で勝負してその場で現金を貰うので、取引履歴って残らないですよね。

だからほとんど人って一時所得として申請してないのが現状でしょう。

オンラインカジノの場合、Eウォレットから銀行に着金するので、証拠が残ります。

競馬で3億稼いだ人はネット取引で証拠があった

24年4月、日本中央競馬会(JRA)が指定する5レースで1着馬を全て当てる「WIN5」を的中させ、約5600万円の払戻金を得た。さらに26年10月にも再び的中させ、約2億3200万円を獲得。

引用元:https://www.sankei.com/west/news/180426/wst1804260005-n1.html

競馬で3億稼いだ人が告発されているのですが、ネット馬券を購入していたため、証拠が残っていたみたいですね。

ただ、オンラインカジノの場合はちょっと事情が違います。

 

オンカジやecoPayzなどに税務調査は入る可能性は低い

税務署は日本国内の銀行なら全て調査できるほどの力がありますが、海外の企業となると話は違ってきます。

海外で運営されているオンラインカジノやecoPayzなどのEウォレットにある資金は、税務署は調査がしづらいということです。

オンラインカジノ側も、わざわざ日本の税務調査にために顧客データを開示したくないでしょうからねw

 

ということは、税務署がお金の流れを把握できるのは、日本の銀行に出金された金額だけってことになります。

つまり、銀行に着金したお金が課税対象になるってことです。

 

図にまとめると↓のような感じです。

オンラインカジノ脱税画像

オンラインカジノやEウォレット内に勝負で勝った300万円があったとしても、銀行に出金した金額が100万円であれば、100万円分の一時所得を申告すれば通るということになります。

あとは申告する利益が100万円であったことを証明するデータがあればOKですね。

※このやり方を推奨しているわけではありません。

ただし、今後も税務署が海外の資金の調査を行わないのかどうかはわかりません。

現状ではここまで解説した内容で申告している方が多いでしょうね。

今のところオンカジで脱税事件は起きていない

いまのところ、オンラインカジノで稼いだ金額を脱税して捕まったというニュースは見たことがありません。

オンラインカジノが日本で遊べるようになってから10年以上たっていることを考えると、脱税事件がないのはちょっと驚きですねw

 

脱税事件が起きない理由は↓の2つがあると考えています。

  1. 大勝ちした人はちゃんと納税している
  2. 脱税してるけど税務署から見逃されている

1つ目の「大勝ちした人はちゃんと納税している」は当然ですね。

せっかく大勝ちしたのに脱税で捕まるなんてアホくさいから、ちゃんと納税していると思います。

 

2つ目の「脱税してるけど税務署から見逃されている」は、大半の人がこれに当てはまるんじゃないかな?(笑)

オンラインカジノって海外のサイトなので税務署も調査しにくい、だから積極的に調査を行っていないのかもしれませんね。

税務署は「少額の脱税では動かない」という噂の真偽

そもそも脱税しようとしている金額が2~3万円程度の少額であれば、税務署が動く可能性はかなり低いです。

税務署はもっと大きな金額を脱税している企業や個人を狙います。

だって、100億脱税してる人と10万円脱税してる人がいたら、100億の人の調査をしたほうがより多く税収出来るから。

※何度も言いますが、脱税を推奨しているわけではありません。

「んじゃ、具体的にどれくらいの脱税であれば税務署が動くのよ?」と疑問に感じる人もいるでしょうが、その線引きは僕にはわかりませんw

 

ただし、脱税で捕まる人は別件の調査から発覚することが多いようです。

脱税とはまったく関係のないことで調査されて、そこから脱税していることが見つかるパターンですね。

良く聞く話だと、不動産や高級車を購入したときや、会社を経営されている人であれば急に売上が上がったときなどです。

他には「あの人ギャンブルで数百万円も稼いでいるっていってましたよ」みたいな密告が税務署に入ると、調査される可能性があります。

 

ギャンブルで儲かったことを自慢したくなる気持ちはわかりますが、周りの人に話すのは辞めたほうが良いかもしれませんね。

正直、僕達庶民にはあまり関係ない話w

オンラインカジノはギャンブルなので、勝つ時もあれば負けるときもあります。

しっかり戦略を練って勝負するか、最強のツキでもない限りマイナスになることがほとんどでしょう。

法解釈というのは、税理士さんや各個人によって違います。

どこまでしっかり納税するのかは各個人の判断にお任せしますが、個人的にはしっかりしておいたほうが無難だとは思います。

まぁ勝っても負けてもオンラインカジノはめちゃくちゃ楽しいので、税金のことは後から考えることにして、今はゲームを楽しみましょう!笑

今だけ$30ボーナス!

公式サイトバナー画像$30ボーナスは予告なく終了する場合があります。公式サイトでご確認ください。