Eスポーツ賭博は違法性は大丈夫?遊び方と安全性を徹底解説!

Eスポーツ賭博で遊ぶ人達の画像

プロゲーマーといった職業も認知されてきて、これからEスポーツはさらに盛り上がりそうですね。

野球やサッカーの試合のように、Eスポーツの試合も勝敗を予想して賭けて楽しむこともできます。

カジ子

へ~、Eスポーツの試合でもギャンブルできるんだね。

ちなみに違法性とかは問題ないの?

違法性について気になるよね。

最初に安全性について解説して次におすすめサイトを紹介するよ。

カジ男

Eスポーツ賭博で遊ぶならちゃんとした知識は身につけておくべきなので、違法性が気になる方は今回の記事は必ず目を通しておいてください。

 

国内で金銭のやり取りが発生するギャンブルは違法!

Eスポーツ賭博に限らず、国内で金銭のやりとりが発生するギャンブルはすべて違法行為です。※国営ギャンブルは除きます。

たまに芸能人が賭博行為を行って逮捕されたニュースがありますよね。それらの原因は国内で金銭のやり取りが発生するギャンブルをしているからです。

賭博罪という罪で罰せられることになるので、国内で金銭のやり取りが発生するギャンブルは絶対にやらないでください。

 

でも、法的にグレーな扱いになりますがEスポーツ賭博を楽しむ方法はあります。日本の賭博罪の適用範囲外として考えることができるギャンブルですね。

それがオンライン上で遊ぶことができるブックメーカーです。

 

ブックメーカーならEスポーツ賭博してもOKなのか?

ブックメーカーに違法性があるかどうかについては色んな考え方がありますが、事実上、法的にグレーなポジションにあります。

その大きな理由として、ブックメーカーは海外で合法的に運営されているという理由があるからです。

 

基本的に賭博罪ってギャンブルの場を開く胴元を取り締まる意味合いが強く、プレイヤー側は付随的に罰するものです。

簡単にいうと「ギャンブルの場を開いた奴が一番悪い!それに参加した奴も悪い」という考え方で、両者を罰する前提で作られた法律なんですね。

 

でも、ブックメーカーの場合は海外で合法的に運営されています。つまり日本の賭博罪は適用されません。

ということは、胴元とプレイヤーが前提に作られている賭博罪を適用することが難しい状況だといえます。

 

事実として、ブックメーカーで遊んだ人で有罪になった人はいません。

厳密にいうと、オンラインカジノ(ブックメーカーに似たギャンブルサイト)で遊んだプレイヤーが逮捕された事例はありますが、最終的に不起訴処分(無罪)になっています。

これは結構重要な出来事なので解説しますね。

 

2016年にプレイヤー逮捕されたけど無罪になっている

2016年にオンラインカジノで遊んでいたプレイヤーが逮捕されましたが、結局は無罪(不起訴)になっています。

簡単に流れを解説すると、プレイヤーが逮捕された理由はオンラインカジノで勝った内容をブログで発信していたんですよね。

だから、警察に目を付けられて逮捕されちゃったって流れです。

 

逮捕されたプレイヤーは3名なのですが、逮捕後に全員に対して略式起訴を勧められました。※略式起訴は裁判無しで罰金刑で終わらせること。

 

おそらくですが、この時点で検察側は有罪にできる法的根拠が薄いため裁判したら負けるとわかっていたと思うんですよね。

だから、検察は逮捕した3名全員に略式起訴を受け入れてほしかったはずです。

 

でも、逮捕された3名中1名が裁判で争う姿勢をみせ、その結果は不起訴(無罪)になりました。

略式起訴を受け入れた2名も裁判で争う姿勢をみせれば不起訴になっていたでしょうね。

 

その後に逮捕者が1名もいない事実

2016年の不起訴の事例ができてから、プレイヤーが逮捕された事件は1つもありません。

これはブックメーカーとオンラインカジノすべてを含みます。

 

検察は過去の判例を元に100%勝てる事件しか扱いたくないという性質がありますからね。

一度不起訴になった事例は勝てないから扱いたくないという考えはあるはずです。

 

とはいっても将来的にずっと今の状態が続くかというと、そうではありません。

ギャンブル関連の法改正がされると、ブックメーカーやオンラインカジノで遊ぶことは違法となる可能性はあります。

つまり、Eスポーツ賭博を楽しみたいなら法改正がされていない今が絶好のタイミングだといえますね。

 

Eスポーツ賭博するならおすすめのブックメーカー!

ほとんどのブックメーカーで取り扱うほど、Eスポーツはメジャーなジャンルになりました。

実際に僕が遊んだことがあるブックメーカーは↓のとおりです。

  • スポーツベットコム
  • チェリーカジノ
  • 10BETJAPAN
  • カジ旅
  • ラッキーカジノ
  • カジノエックス
  • BETTILT(ベットティルト)
  • ネットベット

これらの中で一番のおすすめはスポーツベットコムですね!

スポーツベットコムはその名のとおりスポーツ専門サイトで、他のブックメーカーでは取り扱っていないスポーツの試合まで賭けることができます。

さらにEスポーツ専門のカテゴリもあり他のブックメーカーと比べて試合数も豊富です。

しかも、今なら登録するだけで$30ボーナス、さらに最大$900(約9万円)の入金ボーナスも貰えるのが特徴ですね!

詳しくは公式ページで確認してみてください。

出金条件がメッチャゆるいボーナスは今だけ!

公式サイトバナー画像キャンペーンは予告なく終了する場合があります。公式サイトでご確認ください。

 

スポーツベットのEスポーツ賭博の遊び方を解説!

スポーツベットでEスポーツ賭博の遊び方について解説します。

 

スポーツベット画像

スポーツベットにログインして、画面上部のメニューから「Eスポーツ」を選択します。

 

スポーツベット画像

画面の左側からゲームカテゴリを選んでください。

 

スポーツベット画像

今回はCS:GOのApeks(オッズ2.25倍)が勝利するほうに賭けてみましょう。

※賭け方の種類は後ほど解説します。

 

スポーツベット画像

別画面が表示されるので、ベット金額を入力してオレンジ色の「ベットする」をクリックすればOKです。

ちなみにペイアウトに表示されているのは予想が当たったときの払い戻し金額(勝利金)ですね。

 

 

賭けの種類は複数がありますが、大きく分類すると↓のとおりです。

  • 1X2(単純にどちらが勝つかを賭ける)
  • ハンデ(得点差からハンデ分を差し引いて勝敗を決める)
  • オーバー、アンダー(得点数が表示された数字より上か下かを賭ける)

これらのベット方法について簡単に解説しますね。

 

単純に試合の勝敗を予想する「1×2」

1×2は単純に勝敗を予想するときに使うベット方法ですね。

スポーツベットのベット方法画像

画像の赤枠で囲った部分で解説するとTeamHereticsのオッズは1.36倍です。

$10賭けて勝ったとしたら$13.6になる($3.6の儲け)になりってことですね。

 

得点を差し引きする「ハンデ」

実際の得点からハンデ分を差し引きます。

スポーツベットのベット方法画像

画像の場合だとTeamHereticsのハンデが-1.5、TeamSecretのハンデが+1.5になっていますよね。

たとえば0対0で試合終了した場合は↓のように考えます。

  • TeamHereticsに賭けたときは-1.5対0でTeamSecretの勝利(つまり負け)
  • TeamSecretに賭けたときは0対1.5でTeamSecretの勝ち(つまり勝ち)

ベットしたチームのハンデ分を差し引いて考えるのがハンデの賭け方になります。

 

試合結果ではなく総得点を予想する「オーバー、アンダー」

試合の勝敗ではなく、両チームの総得点数を予想するベット方法です。

スポーツベットのベット方法画像

画像ではオーバーが2.5以上、アンダーは2.5以下となっています。

たとえば2対1であれば総得点数は3になるのでオーバーに賭ければ勝利、1対0なら総得点が1なので、アンダーにベットしていれば勝利ってことですね。

 

これらのベット方法が基本となるので、自分が得意そうなものを選んで遊んでみてください。

ブックメーカーで初めて遊ぶなら「1×2」のベット方法が始めやすいですよ。

 

スポーツベットコムで使える入出金方法一覧

スポーツベットコムはリアルマネー(現金)で勝負できます。その際に使うことができる入出金方法について解説しますね。

決済方法は↓のとおりです。

  • クレジットカード(マスターカード)
  • ecoPayz(エコペイズ)
  • VenusPoint(ヴィーナスポイント)
  • 仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)

クレジットカードのVISAが使えないのはちょっと残念ですね(2020年8月時点)。

VISAはギャンブル目的の入金を禁止する方向で動いているので、今後VISAが使えるようになる可能性は低いかもしれません。

VISAを使いたかった方は、他の決済方法を準備するようにしてください。

 

スポーツベットは国際ライセンス取得済で安全に遊べる!

スポーツベットはキュラソーライセンスを取得して運営しています。

スポーツベットライセンス画像

オンラインカジノを運営するに当たって必要な資金や経営能力があり、そして公平なギャンブルを提供できている証明といえるものです。

イカサマや詐欺などを心配する必要はないので、安心して遊ぶことができます。

 

Eスポーツ賭博するならスポーツベットコムがおすすめ!

Eスポーツ賭博で遊ぶならブックメーカーで遊ぶようにしてください。

  • 国内で金銭のやり取りが発生するEスポーツ賭博は違法
  • 海外のブックメーカーでEスポーツ賭博するのは法的にグレー

正直、ブックメーカーの法的な解釈の話になると賛否両論あります。

でも、逮捕されたプレイヤーが不起訴になった事例や、その後に逮捕者がでていない状況を考えると、ブックメーカーで遊んだプレイヤーを明確に違法とする法的根拠が薄いと考えるのが自然でしょうね。

もちろん自己責任になりますが、ブックメーカーで遊ぶことで逮捕される可能性は低いと僕は分析しています。

 

ブックメーカーは色々とありますが、僕のイチオシはスポーツベットコムです。

他のブックメーカーよりもEスポーツの取り扱っている試合数が豊富ですし、今なら登録するだけで$30ボーナス、さらに最大$900(約9万円)の入金ボーナスもあるのでメチャクチャお得です!

Eスポーツ賭博で遊ぶならまずはスポーツベットコムから始めてみてください。

登録ボーナスが豪華!

公式サイトバナー画像ご祝儀キャンペーンは予告なく終了する場合があります。公式サイトでご確認ください。